タマゴタケ(テングタケ科)

[発生場所] シラカンバ、ミズナラ、トドマツなどの林内および周辺。
[発生時期] 8〜9月

 幼菌は卵型で、ツボの頂部が裂けて傘を出す。傘は丸山形から偏平に開き、表面は平滑で紅色ないし橙黄色、円周に条線がある。肉は厚く、白色ないし淡黄色、ヒダは橙黄色で茎に離生する。茎は橙黄色あるいは黄色で、上部に同色の膜状のツバがある。ツボは白色で大きい袋状。


参考写真

 さくさくとした食感があり、甘みがあって美味しい。大きいものは鍋物や吸物などの他、汁の実、野菜炒めなどにする。