アンズタケ(アンズタケ科)

[発生場所] 広葉樹林内の地上に散生または群生。
[発生時期] 9月〜10月上旬

 1本ずつ単生することが多いが、ときに周辺に複数群生するので、多収を期待できる。傘は5〜12cmでまんじゅう形、後に中央部がくぼみ、縁が浅く裂けて波状になる。全体が淡黄色ないし淡橙色で、杏仁の香りがするので、間違いにくいが発生は少ない。



 肉厚で食感の良いキノコだが、杏仁の香りが和食には邪魔をする。炒物で中華風に味付けしたり、カレーやシチューなどの洋風な味付けが良い。

[保存方法] 乾燥保存、冷凍保存
 天日にあてて干すと旨味がます。食べる大きさに裂いたものを、フリーズパックに水を入れ、空気をぬいて冷凍にする。