ヤマドリタケモドキ(イグチ科)

[発生場所] カバ類が多い広葉樹林の地上。
[発生時期] 7月〜10月

 傘は丸山形から半球形に開き、表面は黄褐色ないし暗褐色で、ややビロード状で、湿時に粘性がある。管孔は円形で離生し白色、後に黄色から黄褐色に変色し、更に暗緑色をおびることがある。茎は下部が太い根棒状で、表面は淡黄色から淡褐色で、縦に長い網目状の模様がある。特に晩秋から初冬のものは、肉が堅くしまっていて食感が良く美味しい。


参考写真

初冬のキノコ

 ヤマドリタケより香りが少ないと言われているが、大形で肉の厚いキノコで、数本も採れたら汁の実だけでは食べきれない。癖が無く、茹でると管孔が軟らかいスポンジ状になるので、鍋などに入れても美味しく食べることができる。

[保存方法] 冷凍保存
 適当な大きさに切って、フリーズパック水を入れて冷凍にする。