ヤマブシタケ(ハリタケ科)

[発生場所] ミズナラやカシワの枯幹や枝、節抜けの痕など。
[発生時期] 9月〜10月

 茎はスポンジ状の肉質で、水分を多く含むので重たい。内部に中空の穴が散在し、ヒダは針状で表面全体に密生して垂れ下がる。針は上部や周辺のものは短く、下部の長いものでは5cmにおよぶ。発生当初は白色で、後に淡黄色ないし薄い桃色をおびる。写真のものは直径約20cm。




 淡白な味で癖がなく上品な出汁が出るので汁の実の他、炒め物や焼いて食べても美味しい。ひねたものは内部の肉が鞭質になってざらつくが、周辺部は柔らかいので食べることができる。内部の肉が鞭質なものでも良い出汁が出るので、食べなくても出汁だけに利用する価値は充分ある。