キオウギタケ(クギタケ科)

[発生場所] カラマツ林内の地上に発生する。
[発生時期] 9月〜10月

 カラマツ林には、いろんな美味しいキノコが発生するが、ラクヨウ(ハナイグチ)の存在が大きいため、他のキノコがひのめをみることが少ない。キオウギタケもラクヨウと同時期に発生するが、小型で目立たないキノコなので、ほとんど利用されることはない。傘の形は、はじめは平たい饅頭形をしているが、のちにロート状となる。全体に表面は類白色で、傘の中央は薄茶色をしているが、ぬめりを良く見るとピンク色をしている。老菌や傷がつくと黒いしみができるが、茎の内部や肉は白色。




 朽木のような癖が少しあるが、温和で甘味とシャキッとした食感があり、美味しいキノコなので汁の実にすると良い。茹でると肉や茎など全体にピンク色に変色し、汁も薄いピンク色になる。