ナメコ(モエギタケ科)

[発生場所] 広葉樹、シラカバやダケカンバの枯木や倒木に多く発生する。
[発生時期] 9月〜11月

 シラカバやダケカンバの切り株や倒木、伐採跡地の土場などに放置された切れ端に発生するが、道北では希少。濡れている幼菌は、ビニール袋に入って売られているものと同じように、全体に半透明のぬめりがあるが、湿気が少ないとほとんどぬめりがない。乾燥した成菌のツバは薄い膜状だが、水洗いして水分をおびると、半透明のゼリー状のぬめりがもどる。


参考写真

成菌
ヒダ、ツバ
雪中のナメコ

 なんといってもナメコ汁が1番。成菌は味が強くて出汁もよくでるので、鍋物に入れるといいが、茎が堅くなるのでなじみの深い幼菌や若いキノコの方が、美味しく食べられる。