クロノボリリュウタケ(ノボリリュウタケ科)

[発生場所] 広葉樹や針葉樹林。
[発生時期] 9月〜10月

 全体が不定形。灰黒色から灰褐色をしていて、茎は縦にしわをつくり、ところどころに穴がある。肉が薄く、茎は中空で内壁も同色、傘は後に鞍形になることがある。茎は若いものは類白色をおびるが、のちに傘のように灰黒色になり、全体にもろくなって崩れやすくなる。



 見た目に反し味香りともに温和で、汁の実や鍋物、炒め物などにすると出汁が美味しい。若いうちは歯ごたえが有るが、大きくなるとボロボロとして食感が悪くなり味も劣る。