ツチスギタケ、スナタケ(ツチスギタケ モエギタケ科)

[発生場所] 路傍や草むら、日当たりのいい林内。
[発生時期] 6月、9月〜10月

 顕著なささくれ状燐片を密布するが、濡れていてもあまり粘性がない。
叢生した株が、一個所にたくさん発生するので、太くて傘が開かない物をたくさん採ることができる。



 燐片は水に数時間浸して軟らかくなってから、洗い流して綺麗に取り除かないと、ザラザラとして食感が悪い。味、香りとも温和で汁の実、煮物、炒め物などにあう。特に油との相性がよく、野菜炒めやレバニラ炒めに入れると美味しく食べることができる。全体が繊維質なので食べすぎは要注意。

[保存方法] 冷凍保存
 燐片を綺麗に洗い流したものを縦に細長く裂いて、フリーズパックに水を入れて冷凍にする。