マツマイタケ、ハナビラタケ(ハナビラタケ コウヤクタケ科)

[発生場所] トドマツ、カラマツなどの針葉樹の立木や切株の根元。
[発生時期] 8月〜10月(主に9月)

 全体がクリーム色ないし類白色で、大きさが10〜30cmくらいの株をつくる。株といっても基本的に付根は一本の茎で、根元で掌のように5〜10本に分岐し、ワカメのように薄いフリル状に株全体を覆う。
(写真のハナビラタケは、直径が約30cmある。)



 味は癖がなく無味にちかいが、香りが良い。サクッとした食感で、温和な出汁が出るので、汁の実や鍋物の他、煮物や炒め物などにするとコクがあって美味しい。特にバターでピーマンやナスと一緒に炒めると、ハナビラタケの特徴をひき出す逸品ができる。

[保存方法] 乾燥保存