ボリボリ(ナラタケ シメジ科)

[発生場所]
 ミズナラなどの広葉樹や針葉樹の切株、朽ち木、埋れ木、またはその周辺の湿った草むらなど。

[発生時期] 8月下旬〜10月(道東では7月中旬から)

 林道わきの斜面で、直径20cmくらいの切株が見えないくらい群生したボリボリを見つけたことがある。採ったら手かごがいっぱいになったが、虫が付きやすいキノコなので、綺麗に調理したら、半分くらいになっいしまった。群生するので見つけると思わぬ収穫にありつける。また、ツバのないものをナラタケモドキといい、味も香りもボリボリに似て美味しく食べることができる。


参考写真

夏のボリボリ
ひだ


 直ぐ黒くなってしまうが、痛みのひどくないところを採ってきて、一晩冷たい水に浸しておくと、プリプリ感が蘇って色も綺麗になる。幼菌よりシャキッとしたボリボリ独特の食感があって、ボロボロになったものでも採ってきて世話をすると、美味しい味噌汁を楽しむことができる。味はキノコらしい朽木の香りがして、汁の実やダイコンおろしあえにすると美味しい。

[保存方法] 冷凍保存
 ゴミをとって食べる大きさに裂いたものを、フリーズパックに水をいれ空気をぬいて冷凍にする。黒く変色するが、食感や味は変わらず美味しく保存できる。