ハタケシメジ(シメジ科)

[発生場所] 林や周辺の草むら。
[発生時期] 9月〜10月

 共通の塊茎から発生し、株が数十センチになることもあるが、10〜20本くらいの株が多い。山間部の道路沿いにも多く発生し、秋の峠越えの楽しみの1つ。


参考写真

大きいキノコ

 傘は15cmにもなり小さいうちに採ってしまうのはもったいないが、きざまないでキノコの姿のまま食べるのが贅沢というもの。指の大きさくらいのものを縦半分に切って、キノコご飯や汁の実にする。大きいものは鍋物や炒め物などにすると、食感も良く美味しく食べることができる。
 加熱する前に、洗った刻んだものを短時間でも天日に晒すと旨味が増して美味しくなる。

[保存方法] 乾燥保存
 天日にあてて干すと旨味がます。