ムキタケ(シメジ科)

[発生場所] 広葉樹の枯れ木、倒木などに群生する。
[発生時期] 9月〜11月

 晩秋の沢沿いの倒木などに、重なりあって発生することが多く、一度にたくさん採ることができる。虫が付きやすいキノコなので、3〜5cmの若いキノコを摘むと、あまり虫が入ってない。同じ木から次々に発生するので、何度も採ることができるので、時々見に行くといい。



 食べ方は、傘の表皮をむいて食べるように書かれているものがあるが、皮をむくとスポンジ状の肉だけになってしまい、出汁が出ないし、つるっとしたゼラチン質の食感が失われてしまう。大きいものは表皮が鞭質で堅くなるが、小さく一口大に切ると、美味しく食べることができる。晩秋、ムキタケやエノキタケなどをたくさん入れた熱々の鍋は、芯から暖まって幸せな気分にさせてくれる。

[保存方法] 水をいれて冷凍保存
 乾燥保存もできるが、肉厚なので難しい。