ヨモギ(オオヨモギ キク科) 「春の山菜」

 草餅を作るために、乾燥保存しているヨモギを失敬して、「よもぎ茶」を楽しむ。ヨモギの香りや味は癖があるので、好きになれない人も多いと思うが、乾燥した葉をすこし入れてハーブ感覚で利用すると、あと味にふわっとヨモギの甘い香りがひろがる。
 雪の降る夜に、ストーブのまえで一杯のよもぎ茶を飲み、春の柔かい陽射しを想い出しながら微睡むのもいい。

乾燥よもぎの作り方



 貧血、下痢、胃弱などに薬効があり、夏に葉を摘んで日干しにしたものを煎じてのむ。また欲剤にすると冷え症にいい。
良く乾燥したものを手のひらで揉むと、葉が茶色の粉になってこぼれ、あとに葉裏の綿毛と葉の繊維がのこってもぐさができる。

 最近は「灸をする」といって怒っても、何のことか解らない子供がおおいと思うが、一度も灸などされたことがないのに「灸をする」といわれると恐くて「良い子?」にしていたのが不思議だ。